クンニ

クンニをしない男は愚の骨頂です

男性とのセックスの時、当然クンニなどのプレイを楽しみたいという女性も多いかもしれません。

確かにクンニは上手な男性が多く、男性とのプレイによってはそのままイクことができる女性も多いでしょう。

しかし、近年は男性と付き合っている女性も少なくなり、そもそもクンニしてもらえる状況にない女性も多いですよね。

そういう時に活躍するのがバター犬のような男性です。

今回のサイトや記事では、バター犬について紹介し、それと合わせてクンニについて紹介します。

女性なら一度は体験してみたいクンニですが、実際彼氏がいても「やってもらったことがない」という方もいます。

本来は男性にしてもらうのが一般的なものの、近年はバター犬を育てて利用するという方もいるのが現状ですね。

女性が喜ぶ舐める技クンニのテクニックを習得しましょう

まず、正しいクンニの方法について考えなくてはなりません。

クンニについてはすでに知っている方が多いものの、正しい方法についてはわからない方も多いです。

基本的に何が正解ということはないので、自分が気持ち良くなれる方法でクンニしてもらうのが正解となります。

もちろん舐め方も色々で、下の腹を使って舐めたり、先を使って舐めたりするテクニックを利用する人もいます。

人の場合はそういう舐め方ができるので、当然これよりも色々と気持ち良くしてもらうことが可能です。

正しいクンニというよりは、親しいパートナーにやってもらう時に「どのようにどの部分を舐めてもらえば気持ち良いのか」を相談して決めていくとこれは良いでしょう。

女性はバター犬の様にクンニをして欲しい?

クンニに関しては、超絶テクニックを持っているパートナーもいて、むしろセックスや手マンなどよりも夢中になるという女性が多いです。

絶対にクンニでイクという女性もいるくらいで、それほど感度に関しては良いものが多いです。

実際、テクニックに関してはバター犬の場合は舐めるだけなので、上手に調教しても上手にイけるかどうかは、やはり、結果はわかりません。

その点は自分がどのように使っていくかを考えて育てることが必要となりますね。

ただ、バター犬も舐める技をしっかり教え込むことも可能です。

そもそも犬はとても賢い生き物なので、上手に調教していけば活用する方法もあります。

興味がある方は、まずはじっくりと助成が育ててみるというのも良いかもしれませんね。

男性にクンニをしてほしいと言えない女性も多い

もちろん、犬は飼い主が喜んでいる姿を見るのが好きです。

バター犬に舐める技を覚えさせるためには、まずは相手が好きなバターを局部に塗って舐めさせることを実践することが必要となります。

それによって犬がバターを舐めることによって、間接的に自分の性器を舐めさせることができるのです。

男性とは違い、女性器は突起している部分も少ないので、気持ちよく舐めてもらうことで快楽を得やすいです。

上手に調教していけば、バターを塗らなくても、股を開けば犬が舐めに来るようにもできますよ。

もちろん愛情を持って育てて行けば、飼い主が悦んでいる姿を見たくて、犬は舐めるようになってくれます。

状況に応じて対応してくれる犬の知能の高さがなせる技だと言えますね。

時間を掛けて愛情たっぷりにクンニをしましょう

なお、舐め方に関しては、それぞれの犬によって異なるので、その点は注意しておくことが必要となります。

舐められ慣れていない人は、最初は刺激が強いと思いますし、男性も調教をしっかり行わないと長時間舐めるということはしなくなることが多いです。

だからこそ、しつけていくのにに向いている犬などを見つけて、上手に調教していくことが必要となるのです。

もちろん調教とはいっても、犬が美味しいバターを食べることによって行うものなので、その点は特に問題はありませんね。

後は自分の性器を上手に舐めてもらえるかどうかという点を考えて、じっくり使っていくと良いでしょう。

犬との信頼関係があれば、毎晩のオナニーもよりはかどるかもしれませんね。

面倒臭がらずに時間を掛けてクンニをしましょう

なお、バター犬の中にはバター犬に向いている犬種とそうではない犬種がいるので、選ぶ時には注意した方が良いです。

基本的に小型が好まれる傾向にあり、大型を選ぶという女性は少ないですね。

やはりクンニしてもらえる犬としても、小型の方が調教しやすいですし、何より安心というのもあるのかもしれませんね。

また、性格によっても変わってくるので、利用する時は性格も色々と考慮してあげたいところですね。

人懐っこいタイプや食欲旺盛の場合は、良くに使いやすいと言えますね。

クンニに慣れてくると、バターを塗らなくても舐めてくれるようになるので、当然快感も得られるようになっていきます。

クンニの技術はバター犬から学びましょう

二宮尊徳は世界的には全く無名?

ただ、テクニックや技術を持っているとは言ってももともとは普通の犬です。

当然、アソコを舐めるために身体ができているワケではありません。

そのため、舐めてもらう時はテクニックも身に付けさせてあげることが必要となります。

場合によってはアナルの方を舐められたりするなど、思い通りになかなか調教できないという方もいます。

上手に性器だけを舐めてもらえるように育てていくことが必要となるワケです。

これに関してはプロのトレーナーではないので、なかなか難しい面もありますよね。

そういう時は、インターネットの情報を集めて、上手にバター犬に育てる方法を調べてみると良いです。

もちろん、方法としてはそこまで専門的な知識が必要となることはないです。

女性だって舐めて欲しい?クンニでいかせる方法

自分の好きなタイプを選び、その中でバター犬にできる男性を探していくと、必ず良い相手を見つけることができるでしょう。

中には人間のクンニよりも、パートナーのクンニの方が好きになってしまって、普通のセックスでは満足できなくなる方もいます。

それくらい、男性の舐め方というのは刺激的です。

人間と違ってセックスをしたいという本能を見せることなく舐め続けてくれるので、快楽の度合としては大きいのも事実です。

当然、女性としては単純な食事だと思っているので、自分の好きな時に使っていくことが可能となります。

もちろん相手は大切に扱ってあげることが必要なので、バター犬だけではなく、普通の男性としても育ててあげることが必要となりますけどね。

なんで自分ばっかり舐めなきゃいけないのとクンニをしない男を嫌う女性も

上手に舐めてくれない場合は、オナニーの仕方を工夫してみることも重要です。

クンニでイクことができる女性は、そもそもそこまで多いとは言えません。

中を刺激されたり、クリトリスを刺激されたりしない限りは、イけないことも多いのです。

ここが実は一番難しい点だったりします。

どうしても男性の場合もクリトリスを上手に舐めてくれるかどうかわかりませんし、舐め方も相手によって異なります。

当然、舐めてもらうことはできるので、刺激に弱い女性や感じやすい女性に向いていると言えますね。

犬自身の舐めテクニックに関しては、個体によって違いもあるので、必ずしも気持ち良くなれるとは限らないことを理解しておきましょう。

使い方によっては、自分のオナニーをどのようにするかについても考えておくと良いです。

クンニをする際に忘れてはいけない注意点

なお、オナニーに関しては気持ち的な面も強いです。

例えば、男性に舐められているという事実で感じる方もいますが、逆に犬だからこそ感じられないという方もいます。

やはり舐められるのは自分のパートナーが良いという女性も多いですからね。

そう考えると、妄想力なども必要となるのではないでしょうか。

妄想する力が強くなればなるほど、よりクンニを楽しむことが可能となります。

場合によってはアダルトグッズなども取り入れて、他のオナニーと合わせて利用していくと快楽も大きいかもしれませんね。

上手にバター犬を駆使して、普段のオナニーとは違った生のクンニの感覚を楽しみましょう。

バター犬という言葉を聞くようになって、日本では一つのジャンルとして使われるようにもなっていきました。

しかし、もともとバター犬というのがどういうものかわかっていないという方も多いですし、どこから出てきたのが最初なのかという点も気になるところですよね。

実際には海外でもバター犬として利用されている人はいますし、日本でも自慰行為の手伝いをしてもらっているという方もいます。

たしかに使い方によってはとても優秀な人も多く、バター犬として快楽を与えてくれる男性もいます。

昔から人間は犬を家畜化してきたこともあり、相手との信頼関係を作るのが比較的簡単なことから、バター犬として調教している方もいるワケです。

感覚としては、男性に「おすわり」や「ふせ」を覚えさせるのと同じ感覚なのかもしれません。